注文住宅の購入に向いている人の特徴

注文住宅を購入するとき、30年以上の長いローンを組むという人は少数ではありません。ローン完済のゴールに辿り着けるように、自分が注文住宅の購入に向いているのかどうなのか、考える必要はあるでしょう。こちらでは、マイホーム購入に向いている人の特徴について解説します。

転職が少なく安定した収入を得ている人

会社の転職が少ない人、もしくは安定した職業の人は銀行でローンを組みやすいです。例えば、公務員や上場企業の会社員などは、注文住宅を建てる際に有利に働きます。銀行はお金を貸すのが仕事ですが、貸したお金…

地域のコミュニティ付き合いが苦ではない人

近隣住民との交流が多くコミュニティ付き合いが重要になる

注文住宅に住む場合その地域の自治会加入が必須となることもあり、そうなれば清掃などの様々な奉仕活動に参加しなければなりません。町内会の集まりも定期的にあるでしょう。さらに、注文住宅に住むと近隣住民との付き合いが密になる傾向もあります。挨拶だけでなく、立ち話やお裾分けなどもする場合もあるほどです。こういった地域のコミュニティ付き合いが苦ではない人ならば、注文住宅の購入は向いています。 しかし苦手な人にとっては、ストレスの原因になるとも考えられるので注意しましょう。また、地域のコミュニティ付き合いは苦手ではないけれど、上手く馴染めるか不安な人もいるでしょう。そういった方も、奉仕活動や地域の行事など近隣住民との交流の場が多いので心配いりません。お子さんがいる場合は特に、子ども同士が仲良くなってそこから親同士も仲良くなるというパターンがあるのですぐに馴染めるでしょう。

ご近所トラブルを起こさない努力も必要

地域のコミュニティ付き合いが増えると、やはりトラブルも増える傾向にあります。よくあるトラブルは、ゴミ出しのルールに関するものや騒音問題などでしょう。騒音に関しては、お子さんがいる場合特に注意が必要です。タバコやペットなどによる臭いの問題もあります。隣の敷地内に植木がはみ出してしまうのも、トラブルの原因になるでしょう。 こういったトラブルの原因を避けることはもちろんですが、日常生活のちょっとしたやりとりにも気を付けておく必要があります。挨拶を自分からしたり、お裾分けがあったらお返しをしたりしましょう。奉仕活動や集会などで任された仕事を、しっかり行うことも重要です。注文住宅は集合住宅と違い管理会社が存在しないため、トラブルが発生したら自分たちで解決する必要があります。簡単には引っ越しができない点も注意が必要です。

資産価値を保てる注文住宅の特徴

注文住宅を建てたら、一生ものとしてずっと建てた家に住み続けたいと考える人もいるでしょう。しかし、転勤や家族環境の変化などで転居もありえます。そんなもしものために、買い手がつきやすくて、値崩れしにくい注文住宅についても考えておきましょう。ここでは、資産価値を保てる注文住宅の特徴をご紹介します。

駅チカや鉄道アクセスが便利な場所にある注文住宅

注文住宅はどこに建てるかによって、資産価値が大きく変わってきます。転勤に伴う引っ越しなどで家を売却するときは、資産価値が高いほど高額で売れるのです。買い手が住宅の価値を判断するとき、売り手のこだわ…

広めの間取りの注文住宅

ゆとりある生活空間を実現するためには、広めの間取りがポイントになります。注文住宅を建てるときは、家具や家電などを設置した状況を想定しておきましょう。部屋に十分な広さがあっても、大型の家具・家電を置…

魅力のある街並みに建つ注文住宅

注文住宅を建てる際には資産価値を意識することも大切です。注文住宅は拘りの住宅を建築出来る点が魅力ですが、生活状況が変化していったことにより売却を検討するタイミングが来る可能性も有り得ます。分譲住宅…