広めの間取りの注文住宅

間取りが広いと高く売れやすい

ゆとりある生活空間を実現するためには、広めの間取りがポイントになります。注文住宅を建てるときは、家具や家電などを設置した状況を想定しておきましょう。部屋に十分な広さがあっても、大型の家具・家電を置くとスペースが大きく消費されます。家族が増えれば一人ひとりの持ち物も増えるため、多くの収納スペースが必要になります。

1~2人暮らし用の間取りの注文住宅ですと、5人家族の家庭が購入を検討する確率は低いでしょう。資産価値を維持するのであれば、間取りに余裕があったほうがいいのです。子どもが大きくなるにつれて、家が狭く感じられるようになったという話は多いです。こうした将来設計を踏まえて家づくりをすることが、資産価値を守ることにつながります。

郊外の注文住宅は特に広さがポイント

都市部の駅チカに住居を構える方は、間取りよりも交通の利便性を重視する傾向があります。一方で交通の利便性をある程度犠牲にしても、大きな家に住みたいという方は広さを重視することが多いです。それゆえ郊外に注文住宅を建てるのであれば、広めの間取りがポイントになります。

部屋が広ければ生活動線がスムーズになり、人同士の接触や干渉が起こりにくいです。例えば、誰かが台所で調理している状態だと、その横を通り抜けて冷蔵庫に行けないという状況はストレスになりかねません。生活動線は家具と家電の設置場所を配慮することである程度改善できますが、部屋自体のスペースが不足しているならば限界があります。だからこそ部屋の広さを十分に確保する必要があるわけです。

工場や事務所レイアウトの変更を行いたい場合に、設計事務所を利用します。法律上遵守すべき条件をクリアした上で最適なレイアウトを提案してくれます。