駅チカや鉄道アクセスが便利な場所にある注文住宅

駅チカに建てるメリットとは

注文住宅はどこに建てるかによって、資産価値が大きく変わってきます。転勤に伴う引っ越しなどで家を売却するときは、資産価値が高いほど高額で売れるのです。買い手が住宅の価値を判断するとき、売り手のこだわり条件は考慮されない可能性があります。自身のこだわりや好みががすべての人に受け入れられるとは限らないからです。

一方で駅チカ物件は交通アクセスがよいため、多くの方から好条件と判断してもらえます。賃貸物件を検索するときも、駅チカ物件は駅から3分などと駅から近いことを強調しているでしょう。駅前は繁華街になっているケースが多く、買い物をするにも都合がよいのです。仕事帰りに買い物したり、歯医者に通院したり、脱毛エステで脱毛したりするのに好都合というわけです。

鉄道アクセスが優れていると有利な理由

駅チカにある注文住宅は利便性がよく、売却時に高額を提示しても買い手がつきやすいメリットがあります。ただし駅チカと言っても無人駅の近くでは、資産価値を認めてもらうことは難しいです。大切なのはスーパーや病院、郵便局などの施設が近くにあること、そして鉄道アクセスが便利なことです。特に都市部で生活をしている方は、クルマを所有していない割合が高く、鉄道アクセスの利便性にこだわる傾向があります。

交通の便がよければ通勤や通学にかける時間を短縮できるでしょう。通勤に2時間を要するという状況だと、それを考慮して早起きしなくてはいけません。一方で通勤にあまり時間のかからない場合は、睡眠時間を増やせるはずです。交通の便が優れているかどうかは、生活リズムにまで影響してくるのです。