将来の展開を予想して注文住宅のプランを考えられる?計画性がある人

注文住宅の購入において計画性が重要なわけ

注文住宅を建てるときは、建売住宅以上に計画性が大切になります。建売住宅はいわば平均的な住宅をコンセプトとし、誰が住んでも大きな不便を感じないように工夫されています。これに対して注文住宅は、自身で施工プランを立てていく必要があるので、プラン設計を誤るとあとから後悔する可能性があるのです。いざ家を建てたらプライバシー性が不十分だった、生活動線が考慮されていなかった、家事をするときに不便を感じる、などの悩みが出てくるケースは少なくありません。注文住宅は完成するまで実物を見ることができないため、できれば事前に住宅模型を製作してもらうのがよいでしょう。大切なのは実際に住んでいるシーンを明確にイメージすることです。

長期的なライフプランを考えてみる

生涯において自分ひとりで生活するならば、広い注文住宅は不要かもしれません。一方で結婚して子どもがほしいと考える方は、家族が増えることを想定した家づくりが必要になります。また両親と一緒に生活するのであれば、バリアフリー空間や手すりなどが必要になるかもしれません。あとからリフォームで設置することは可能ですが、最初から用意しておいたほうが安く収まることが多いです。プラン設計で迷ったときは、少し広めのスペースを意識するとよいでしょう。スペースに余裕があれば、あとから設備の追加が容易にできるためです。注文住宅づくりを検討している方は、20年後や30年後といった長期的なライフプランをイメージしておくといいでしょう。