転職が少なく安定した収入を得ている人

銀行もローンを貸しやすい

会社の転職が少ない人、もしくは安定した職業の人は銀行でローンを組みやすいです。例えば、公務員や上場企業の会社員などは、注文住宅を建てる際に有利に働きます。銀行はお金を貸すのが仕事ですが、貸したお金が返済されないことを心配しています。ですから、公務員などの属性の高い人には貸しやすいのです。もちろんそうではない人でも住宅ローンを借りる事は出来ますが、リスク回避のために利率を属性の高い人よりも、高めに設定されたりすることが多いのです。

そして住宅ローンは、数千万円単位での借り入れが多いです。その為銀行としても、信頼のおけない人にこれだけの金額を貸すわけにはいきません。ですからおのずと転職が少ないなどの、属性の高い人に貸したいという思惑があるのです。では、転職などを繰り返している人でも、借りる事は出来るのでしょうか。

転職が多くても、勤続3年以上の人が理想

転職の多い人が注文住宅を建てる際に、銀行に出向いて借入をする場合にはやや不利になります。しかし、「勤続3年以上」現在の会社に勤めていれば、やや有利になるかもしれません。さらに通常よりも、頭金を多く入れることができるような「金融資産」があれば、お金を貸す銀行側も安心して貸すことが出来るのです。このように注文住宅を建てるために、銀行から借入を起す際に大切なことは、銀行側の立場になって考えることです。自分が銀行員であればどのような人であれば、お金を安心して貸せるのかを考えてみる事です。転職が多く属性が低い人でも、金融資産や土地を所有していれば、銀行側を安心させることが出来るのです。その点を考慮して銀行と交渉することが大切です。